遺伝子検査でわかること

遺伝子検査って何?何がわかるの?

自分の体質や、将来かかりやすい病気がわかります

近年の研究の成果によって、様々な病気のかかりやすさも親から子へ遺伝する部分があることや、遺伝子を検査することで「自分はどんな体質なのか、将来どんな病気にかかりやすいのか」といった差がわかるようになってきました。

ヒト遺伝子の全ての配列のうち、個人差があるのは0.1%といわれ、この0.1%の違いでお酒に強い・弱い、糖尿病や骨粗しょう症などの病気にかかりやすい・かかりにくいといった体質が左右されているのです。遺伝子は一生涯変わることがないため、検査をするのは一度のみです。遺伝的リスクを知り、生活習慣を見直すことで早い段階から的確な予防を行うことができるのです。

また、この自分の体質や特徴を調べる事で同じ変異を持つグループを見つけ、その歴史を調べる事で祖先を知ることが出来るのです。

検査でわかることの例

疾患系→発症リスク判定

  • 2型糖尿病
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 群発頭痛
  • LDLコレステロール
  • 不眠症
  • アトピー性皮膚炎
  • 十二指腸潰瘍
  • ニコチン依存症

など

特徴系→傾向判定

  • 疲労
  • 長寿・寿命
  • 身長
  • 髪の太さ
  • 眼の色
  • アルコール代謝
  • 情報処理速度
  • 計算速度
  • 記憶力

など

その他→体質判定

  • ビタミン濃度
  • 速筋・遅筋傾向
  • 甘味感知度

など